大分ピンボケの話しになってしまいますが、何で第6波の感染拡大になったら“エッセンシャルワーカーによる社会活動の停滞.停止”と云った事が議論の対象になって来たんですか?
第5波以前の感染拡大時には、何故関心の対象テーマとなる事が無かったんでしょうか?

そもそもエッセンシャルワーカーとは、何ですか?
エッセンシャルワーカーであるとないとに関係なく感染防止に注力する事が重要なんでは?

1 どどん ★ :2022/01/12(水) 17:12:43.58

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、日本医師会の中川会長は医療従事者などエッセンシャルワーカーについては、濃厚接触者となった場合も一定の条件で就業可能とすべきだとの考えを示しました。

具体的には、就業前に毎日PCR検査か抗原定量検査をし、感染していないことを確認するとしています。

オミクロン株の感染が急拡大している沖縄では、感染者のほとんどが若者で軽症や無症状だとして、社会活動を停滞させないためにも、全国的に早急な政策の転換が必要だとしています。

TBS
https://news.yahoo.co.jp/articles/bc963775788b4056e7ce65a086c4c3a3926c1e38





37 ニューノーマルの名無しさん :2022/01/12(水) 17:28:37.19

>>1
なんでもカタカナにするな


16 ニューノーマルの名無しさん :2022/01/12(水) 17:19:07.77

これはあくまで「提言」であって
実際の「権限」を持っているのは、医療分野では「厚生労働省」よな。
「厚生労働省」なんとかしろよ。

ってか「医療だけ」で済むものではない。

感染者が増えると「公共交通機関が止まる」可能性も出てくるし
公共サービスでいえば「消防」「救急」が止まる可能性もあるし
民間サービスでは「宅配」が止まる可能性もある。
物流が「機能不全」になると、食べ物が手に入らない、入りにくくなる。
なので「各省庁」が個別に考える前に「総理」が動かないと駄目よな。


34 ニューノーマルの名無しさん :2022/01/12(水) 17:27:33.30

感染してない濃厚接触者まで休ませるのは、やりすぎだよね。
潜伏期間も短いし、隔離期間もあわせて見直しが妥当